So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

男って実はファンタジーが好きなの? [obstetrics]

旦那Aが最近すっかりライトノベルにはまっている。それも携帯小説系の。近々でどハマりしていたのは、転生したらスライム〜。なにかことあるごとに転スラと口癖づいて、耳障りったらこの上ない。以前からスペースファンタジーとかノベルスで買い集めてそういえば熱心に読んでたっけな(Aの場合、行動が淡々としているので本人的に燃え盛っていても傍目からはしれれんとしているようにしか見えない)と思いつつ、事態を静観していた。もっと前から読み耽ってはいたようだったが、厄介な口癖が発生し出したのは半年くらい前からだろうか。現実的な経済小説だの悲壮なプロレタリア文学やら江戸風情漂う時代小説だとか荒波を掻い潜る戦争小説やらに余所見しないところを鑑みるに、これはもう単純にファンタジーが好きなんだな、特にゲームのように簡単に数値化できそうな感覚のが。敢えて言っておくと、読んでみた感じ、読み易いし、淡々と成功譚で面白いと思う。面白いを面白いと言うことのなにが悪いとか申しませんのことよ。
斯言う私は私でどっぷりQUEEN漬けになって、ちょび髭胸毛マンの陰で黙々とベースを弾くジョン・ディーコンに釘付けになっておりました。ギンギンのハードロックからワルツからボサノバまでこなすQUEENは正直面白くてあぁなんでフレディ死んじゃったかなぁ、ジョン禿げちゃったなぁ、ブライアンバッハみたいだなぁ、ロジャーサンタクロースみたいだなぁと遺作を漁りまくっていたのですが、歌詞を繙いてみると、意外とメルヘンでファンタジーだったりする。バッハになっちゃた博士ですら’39なんかサイエンスファンタジーの極みだろう。フレディの作には有り得ないほどのファンタジーワールドが奥深く広がっていて海あり森あり妖精がいて魔法いっぱいであぁもうどんだけ?寧ろジョンの方が、女の子が僕のこと蔑ろにする〜とかトリガーハッピーにお前も殺してやるだとかどうにも殺伐としてるくらい。いや脱線した。結局みんなファンタジー大好きなのね?えぇ、私もロードス島戦記にはまった過去を否定しませんのよ。文学は現代において男女の差別なく発表できるところだと思うけれど、それでも二、三十年前までは『女流』なんて言葉が冠についていたくらいだから、やはり男の主戦場だった訳で。そう考えるとこの世に溢れかえる書籍の中の、ファンタジーに分類されるものの殆どが男性諸氏によって書かれたものであることになる。女性が表現からの出版という道筋を阻まれていただけなのだろうけど、…男ってファンタジー書くのも読むのも結局好きなの?それもいい歳したおっちゃん爺ちゃんが?
ジェンダーを語ると異論が物凄い上がるから、まあこういう書き方は本当はいけないのだけれど、敢えて言う。
女の子は砂糖菓子でできています。
おっさん達は砂糖でできています。割とふわふわです。
女性は中年以降は米糀です。適切に扱わないと全滅します。
nice!(1)  コメント(0) 

どんな苛々

Zもとうとう小学生だ。
この子の父親の叔母、つまり旦那Aの叔母が指定体操着販売店にお勤めで、昨年の説明会から苛々しっぱなしである。体操着を買う段になってここは自分のフィールドだ、と叔母御は私が買ってあげると手を挙げたわけだ。確かに体操着も馬鹿にならないので買ってくれるのはとてもありがたいのだが、体操着に限らず、一斉採寸会みたいのって、つまり他のお母さん方と情報を交換する場でもあるので、そういうのを奪われることになるので、本当は金だけ渡してくれたらと思っている。業者がどういう姿勢で子供達の体操着を提供しているとか、そういうのも肌で感じてこなければわからないのだ。旦那はどうせ金を出してもらうのだから、とか、買ってもらうのだから文句言うな、とか、まあ男にありがちな、金と物品とは等価でそれ以上でも以下でもないと、にべもない。買い物には常に情報が付き纏っていて、取るに足らないもの、どう考えたってボッてると思わしき体操着にそれでも金を出そうというのは、そういう情報を買ってくるのだと言う理屈で割り切っているからで、でなかったら誰がそんな阿呆な値段でそんなもん買うか、と思うわけだ。

Zにこれだけちやほやと世話を焼いたのだから、下の子Mにも同じようにするのが筋だと私は考えている。だが叔母御には多分その気はない。サイズを合わせてやりながら、小さくなったらMに譲ればいい、と平気の平左で言い切ったからだ。お下がりを流用するのは私だって悪いことだとは思わない。だが、初めての体操着くらい、下の子だって新品に袖を通したい筈だ。新品を買ってもらうというのは、それだけ親やこの際叔母御でもいい、進学を寿いでくれているという証左だと子供は実感するものだと私は思うから。お下がりでは、なんだか間に合わされた感いっぱいで、進学しちゃったか、仕方無いな、みたいだもの。

金を出してくれたことは本当に感謝している。だが、叔母御は独身で当然子無し、旦那の姉はDINKSでだから子供がいない。旦那の両親も孫はZとMだけで、何かというと全てお初なZがあれだこれだと金が出る分口も出てくるのだ。口は不要だが、金はありがたい。だが口が出てくるから素直に金の恩恵を受け取れない。
叶うことなら、札束だけぽんと渡してくれたら、いうことはない。まぁ、それは土台無理な話だ。やってくれるなら姉妹両方に平等に願いたい。そしてできる限り学校が設定した流れから外れた方法をとらせないでほしい。子供のいない三婆達には永久に解らないだろうけれどさ。
nice!(1)  コメント(0) 

その後 [obstetrics]

橙要る?とメールがきたのは夕刻。うんまぁ、と昨日もう本町での出来事は語りたくないとぶすくれていたのですが、なんと近所のスーパー行ったら置いてあるという。早速三つ頼む。正月に橙の絞り汁でお鍋が食べられる♡と思いながら更に近いスーパーに行ったらまた置いてた。色も形も綺麗。トゲもちゃんと取ってある。こういうのをちゃんと売るっていうんだよ、と思いつつまたお買い上げ。四つもあってどうするのと呆れられたが、果汁は大して無いのだ。あぁ、来年からはもう本町なんて絶対行かないよ。車停めるのすら金のかかるところに誰が行って不愉快な気持ちで買い物するかっての。

本町の露天商の滅ぶ日を北叟笑で今か今かと待つ、来年の楽しみができた。

nice!(1)  コメント(0) 
前の3件 | -