So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

天竜寺が [my friends&ralationships]

秋の紅葉、見に行くなら清水寺と天竜寺どっちがいいという問いがあった。
正直に言うならそんな人を見に行くようなことはしたくない。寧ろホームセンターにでも行っていい感じに紅葉してきている苗でも見て来れうちに植えちゃろかと考える方がなんぼか楽しい。
…いやそういう厭世的なことは。
じゃなくて、天竜寺ですよ。
中学の修学旅行で京都奈良というお決まりのコース、6〜7人の班行動、全員になにかしらの役が振られていて、私は自由行動というか自主行動(?)のタイムキーパーだった。日程は奈良からだった。亀石だとか法隆寺だとか、と先にコースを組んでる訳だけど、中学生にしてみれば古代遺跡なんか殆ど興味ない訳で。特に奈良は自然物なのか人工物なのかよくわからん遺跡がごろごろ、そこにロマンだの学術的興味だのが見出せない女子中学生集団とくりゃ、当然あからさまなお寺だとか建物とかでない限りどうでもよくなってしまい、大体お寺の近くには土産物屋がいっぱいあって。
時間、狂いっ放し。
挙句、亀石は歩いていかなきゃなんないし時間無くなったから端折ろうよとか言い出して。えー。ここまで急げ急げって急かしてきた私の努力は何処へ?まぁ、多数決には敵わない訳で、予定のタイムラインはぐだぐだだった訳ですよ。
京都に移動してからも万事こんな感じで、割と最後の方の日程での自主行動(?)で、夕方◯時までに天竜寺に集合、という大まかな日がありまして。
その日もぐだぐだだった訳ですよ。
その晩、そういう疲れで寝てしまった私ですが、朝起きたらみんなに謝られるんですわ。
『ごめんねぇ、あんたがそんなに時間に追い詰められられてると思わなかった』
はぁ、いつもの私は時間にルーズですよ。間に合わなくったって、許してもらえりゃそこら辺自他共にどうでもいいと思ってますよ。
『あんた寝言でずっと、天竜寺が〜天竜寺が〜って繰り返しててさ…本当にごめん』
へ?あ、そういうオチ。夢を見ていた記憶すらないんだけど、まぁ解ってもらえてよかったとすっか。と思っていたら、寝てる間、という話題がもう一つあって、天竜寺はどこかヘ行ってしまった。
因みにもうひとつの話題なるは、Hというちょっと素っ頓狂な(でも現役で早稲田の商学に受かり、教師陣になんで東大も受けなかったのと詰め寄られた螺子の飛んだ秀才)友人が敷き詰められた布団群の真ん中で寝ていたのだが、彼女の周りの友人達が朝彼女に文句を言っていて、聞けば一時間ごとに彼女の周囲をひとりずつ蹴り飛ばして起こしていたらしい。皆蹴られたということからHは大の字になって時計回りに一周して被害を出したということがわかり、彼女は寝相が悪い認定されていたのだった。
うん、私は昼間の出来事を呑み込んで夢に持ち越す認定されてましたよ。

それが私の天竜寺の記憶。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

押入…とおちおち言ってられない [pleasure]

最近図書館通いを始めました。
実際のところかぎ針やレース編みの本って欲しい作り方は本の中のひとつかふたつで、あとは絶対ページを埋めるためだけに作家に無理矢理作らせたろう、と思うものも多くある。そんな駄作の大量に載ってる本を買うのも嫌だし金も無し。ということで図書館に、Go!
近所というには少々烏滸がましいけれど、軽いドライブ、それもお買い物に出る程度の距離、というところにごろごろと図書館があります。ひとつは県立図書館で、他は新潟市立図書館。地域ごとと言えば聞こえはいいんだけど、つまり合併前に各市町村が持ってた図書館がまだ稼働しているためにこうも市立図書館が乱立してるのね。近場の図書館へ行けばいいのだけれど、念のため見たい本を検索してみると、半分は貸し出されていて、半分は中央図書館蔵だったので、迷わずほんぽーとこと中央図書館へ出向く。
仕挫ったな、と思ったのは、ほんぽーとが新潟駅前にあるということだった。位置的にはわかりやすいんだけど、駅に近すぎるので駐車場が有料なのだ。ううむ…ここを利用するには駐車料金を覚悟で長居するか、三十分の無料時間をヨーイドンで計って本を選び手続きをかますしかない。初日は貸し出しカードとか作らなあかんかったので悔しいことに駐車料金を支払う羽目になったのだけれども、次からは一円たりとも払ってたまるかい!とばーっと本棚を回る。なんていうか、便利だけど便利じゃない?つか、便利さを享受できない?

新しい本が読みたかったので、新刊の入荷状況を確認してから行った。当然無いのはわかっている。だから尋ねてみた。もし、入荷予定に無い本をリクエストしたら、どのくらいの期間の後入荷してくるだろうか、と。財政厳しい地方自治体、そんなに期待しちゃないんどけど、偏にその本が読みたかったが買うのに二の足を踏んだのはぴかぴかの新刊で、所謂四六版だったからだ。頑丈でよいけれど、こんな形で本を揃えた日には本棚が三日で満杯になる。でも今読みたい。本屋で立ち読みでもいいんだけど、幼児連れの立ち読みは集中できない。本を買うなら文庫派の私としては借りて読むだけ読んで、文庫化したら買いたいと目論んでいたのだが、図書館職員の回答は衝撃的すぎた。予算が限られているから、買えるとは限りません、というところまでは想定内。そのあとの言葉が奮っていた。でも要望が多かったりした場合、買うかまた検討しますが、買う他に、借りるということも検討します、と言うのだ。いやいや、県立図書館にも無い本よ?と畳み掛けてみると、長野とか…近県の図書館に貸し出しを頼むのです、と言う。それはなんというか、壮大だなぁ、そりゃ借りるまでの道は遠いわ、とその本は買って読みました。チクショウ、この本一冊で安い文庫が三冊置けるわよ!面白くなかったらぶん投げてたところでした。
…投げませんでしたよ、面白かったもん。ある意味サクセスストーリーなので安心して読める…駄目だこれ以上言うとネタバレやないの。

さて一方県立図書館ですが鳥谷野潟の端っこに位置していて駅からは距離があるので駐車場は無料です。でもねーっ、敷地が余ってるのはいいんだけど、広ぉく使ってくれてるお蔭で車とエントランスが遠いんです!この炎天下、目の前に見えてる建物の、ずーっと向こうの方にあるエントランスまでアスファルトの照り返しがきつい中歩くともやしっこの私融けます。幼児、熱中症でひっくり返っちゃう。ふうふう言いながら幼児Mと共に館内に入ると冷房弱め。つか暑い。糞う、長居させない工夫か?そういうわけで本を見て探して借りて返して、なんですが、県立市立両図書館で思ったこと…
必ず和裁テキストが、ある。
そう、ここからが本題です!
買うだけ買って押入で死蔵されてるあれやこれや、着たいよ!でも縫い賃高いよ!でも自分じゃ縫えねぇよ!と思って何年か前から、和裁の本見ながらならなんとかならないかなぁ、だったわけ。今の時代は洋服すら誰も縫わないけど、半世紀前は皆縫ってたよね?職人技光るところは確かにあるんだろうけどさ、自分で着る分なら時間に糸目つけないし、多少下手でも売りに出すわけでもない。自分の着たいものを着れるようにするだけなら、お師匠さま通いしなくても…と横着を考え始めたのです。んで、どの本に私の師匠になっていただこうかしら~ららら~♪と本を探してみると、安くて三千円から、一万二万なんて本がザラ。待て待て待て待て、もしもリアル師匠の門を叩いていたら、やれ道具、やれ反物、と師匠のところで買わなくてはならなかっただろう上にこの馬鹿みたいな値段のテキストも売りつけられていたのでは…と思うとぞっとするやら、三千円からの本が内容薄弱なのではと疑うわ。
ま、多分私が縫いたいのは長襦袢と羽織と帯と単衣、ついでに袷も、なので、別に男物が縫いたいとか白無垢が縫いたいとか振袖がとか無茶苦茶は言いませんの、だから多分三千円くらいの本でいいの…。
でも、本としては三千円、高価です。市立図書館に買わせるの諦めた四六版だってその半分よっ。
で、出た結論。あるなら借りればいいんじゃーん。

え?まだ借りてません。
この夏は幼稚園のバザーのシュシュすら縫い上がってないのに、これ以上縫い物増やしてどうするの。つかシュシュの為にシーチング用意されてもなぁ。だから縫いにくいんだよなぁ。そんなことを思いつつ結局道具を一度も出さずに過ごした一週間。

Citrus × sinensis 'Blood orange' [horticulture]

先日ムサシの食品館で恥ずかし気もなくがっちり輸入のブラッドオレンジが並べられていて、値段が張る割にそのポストハーベストと見合うのだろうかと考えていたら、小玉で五つくらいの入った手頃なのがあったので試しに買ってみた。多分、大振りなのとは品種が違うのはなんとなくわかる。でも、こっちの小玉の品種は皮まで赤黒くて、その点において魅力的だった。決して損な買い物をしたとは思っていない。持ち帰って食べてみたら、よく外国直輸入の香料やポプリなどのオレンジの香りがちょっと癖のある変な香りなんだろうという謎が解けた。このブラッドオレンジから香る香り、それそのものなんだ…ある意味忠実に再現なり上手にその香りを保存をしたんだなぁと思った。うん、オレンジひとつでも品種や種類が違うだけで文化にこんなに影響してしまうものなのか。日本人の思うオレンジの香りって、間違いなく蜜柑や最悪ネーブルの、酸味の利いた軽やかな香り。ちょっとしつこげなねっとり気味のオレンジの香りは、私達の中には『香料』でしかない。

ところでこの一ヶ月程後、カラカラオレンジに浮かれていた私がウオロクで発見したのはまたブラッドレンジだった。ところがこれ、見た目はムサシで見かけた赤黒さが無い。大きさは同じくらいなのに、と添え書きを読んでみると『タロッコ』と書いてある。それも愛媛産。愛媛の柑橘農家ってチャレンジャブルだよね。一昔前の十日町の織元みたい。脱線した。
無論、買ってみる。割ってみるとムサシで買ったのより身が赤黒くない。偏って黒っぽいところや、黒っぽいつぶつぶがサシのように入っているだけ。成る程、想像に過ぎないけど、赤黒くなるには温度や強い陽光が必要で、その条件を満たせる場所じゃないと赤黒い品種は育たないんだ、だからあまり赤黒くならないタロッコが愛媛で栽培に適応できたのかな、と…。
橙の鉢の横で種を播いたら出てきたのは先述したけれど、さてこれ、冬越し、どうしよう。また二階のトイレだろうか。もう二階のトイレは満員なんだよね…。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。