So-net無料ブログ作成
検索選択

wirework その後(最終回) [handicraft]


こんな風に飾られました。
ここまでくるのに紆余曲折は結構あったのですが、そんなことは野暮というもの。(以前に書いたし。)

そうそう、直前に友人Kと少し揉めたのが、どの花を入れるかについて。その後で入れた花の組み合わせが思いのほかよかったので、旬の初雪草、青みピンクのバラ、水色のブルースター、群青のデルフィニウム、白斑入りのアイビー、真っ白な二口に変り咲くカラー、こんな感じの取り合わせでいくつもりでいたのです。当然季節的な問題で、同じ花があるはずも無く(それは覚悟していましたが)、本番はどんな花でいこうかとなったのです。

まず花屋に相談したところ、花屋に青系の花が無い!今年の花は黄色から橙のビタミンカラー。どこへ行っても黄色、オレンジ、サーモンピンクに茶褐色、そして臙脂。向日葵、鶏頭、えっ、もう吾亦紅?色の褪せた紫陽花なんてのも商品になる時代です。畏れ入りました。
それでも土曜に目星をつけ、日曜に買いに来ようと目論んだのに、日曜の夕方にはもうお目当ての花が無く…仕方なく更に花屋を巡ること数軒。新宿フルラージュ・アンで多分水耕栽培の染めで群青色のバラを見つけました。贋物の青。以前買ったデルフィニウムと同じ色味なのでこれがいいカナと思ったのですが、友人Kが大反対。似非ナチュラルなのがいやだったみたいです。なぜかブルースターがどこを探しても無い!時期なのに!エリンジュームも日比谷花壇しか置いていず、馬鹿高値い。青系ユーストマ(トルコ桔梗)も無い!(ピンクや黄色はあるのに!)

結局渋谷の青山フラワーで白粉花の香りに似たチュベローズ(月下香)を買い、渋谷南口下JRの花屋さん(時々ウドン粉病気味のバラとかあるけどね…)で青みのバラ二種、新宿フルラージュ・アンでくねくねしたアリウムと濃い青のラークスパーで手を打ち、荻窪の青山フラワー(再び!)で黒に近い褐色のカラーと緑味を帯びた白の大枝のユーストマを買い足して、某所で白斑のアイビーを手に入れて全部オアシスにブスブス挿しました。
いいと思ったんだけどなぁ、偽者群青バラ。ミラコーな感じで。友人Kには結婚式に偽りはよくないと避けたようですけども、私は嘘で円滑に回るなら偽物の奇跡も悪くないと思うのですよ、K。

斯くして最後にリボンとマチネーレングスの青パールネックレスを掛けて、また友人K作のカード立てにWELCOMEカードを挿して出番となったわけです。目標は『オトナカワイイ』だったのですが、新婦がスヌーピーファンだったため、軽くぶち壊しになりましたが、黒い耳のビーグルで本人が満足するなら安いものです。末永くお幸せにね、友人Oもとい、Y夫妻。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。