So-net無料ブログ作成

beads⑥ & Rosmarinus officimalis‘Guilded’ [handicraft]

月曜日、朝席につくと、並びのオジサンYがニコニコしながらやってきて、私の前にごん!とナイロンの袋を置いてくれました。なんだろう、これは?と不審に思っていると、オジサンYは私が以前ちょろっとネタにして話したRosmarinus officimalis‘Guilded’(ギルテット・ゴールド)のことを憶えていてくださっていて、奥様が苗農家にお勤めの関係で、それを二苗も用意してくださったのです。
綺麗な斑が入っています。今年の夏を乗り切ったからか、斑は黄色ではなく澄んだ黄緑をしていますが、葉が密で、なんて綺麗な苗なのでしょう!
傍から見るとかなり星を飛ばしていたらしく、周囲の目がやけに生暖かい。『草をもらって喜んでいるな』と微笑ましく思ってくれていたみたいです。そうですね、私の大事なAの言う通り、どうも私はダイレクトに関係のあるオジサンじゃなければオジサンウケ良いらしいですね。仕事能力が低いのでそういう評価をされるとぐん、と悪くなるけれど、単純な人付き合い上では趣味が園芸だの手作業的な手芸や工芸なのでオジサン達の微妙なツボを突くらしいのです。

さて、それでも同じ支援SEルームにいるということはオジサンYとて職場の人なので、このまま『アリガトウ』だけで済ますわけには行きません。放置すれば今後の抉れの引き金になりません。例えば、仕事を押し付けられちゃったり?例えば帰りに飲みに誘われても断れなかったり?オジサンYはセクハラとかそういうのに程遠い方なのでそっちの心配は当て嵌まらないでしょうけど、そんな危惧だってあって然りなので、大人の対応を早速邁進!
①下さったのは、あくまで奥様。オジサンYは持ってきてくれた人、と定義する。
②奥様メインのお礼を用意する。持ってくるという労力に対してもお礼は必要なので、その部分にも怠らない。
③忘れないうちにすぐ。且つ、突飛でないオリジナリティを。
以上三点を踏まえてまず浅草橋貴和製作所へGo!考えるのが面倒なのもあってキットを即購入。次いで新宿ルミネ2成城石井へGo!オレンジの花の蜂蜜を即買い、ラッピングしてもらいます。
スワロフスキーで作る苺。葉っぱと花はオリジナル。
一応ワイルドストロベリーのつもり。ハーブ苗農家さんにお勤めとお聞きしていましたからね。奥様用に携帯ストラップに仕立てて、小さな巾着に入れてこれをお渡しします。同時に蜂蜜を渡します。こいつは食べ物ですから、ご夫婦お二人で召し上がって頂こうという魂胆です。これでメインはあくまで奥様だが、オジサンYにも行き渡る、という図式の完成です。

喜んでいただけるのでしょうか?乞うご期待。

ところでこれを完成させるのに月曜二時間、火曜三時間かかりました。まぁその時間ずっと手が動いていたわけではないのですけれど……。お陰さまですっかり寝不足です。今日は水曜日、ワックスモデリングの日だというのに。もそもそ作業していたら、いい感じにできてきたワックスを割ってしまってやり直し!やっぱり寝不足っていけませんね。原色井守ちゃんのようにはなりたくないので仕事机では絶対眠りませんが、今日は本当に辛かったです。ヨーグルトさんに『今日はあとちょっとじゃないですか』と慰められる始末。ワックスモデリングのある私の一日はまだまだ長いのだよ、と思いつつ、ヨーグルトさんの思いやりだけ受け取っておきます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。