So-net無料ブログ作成

仙福屋の唐草花緒の草履 [pleasure]

雨草履で失敗したのです。といっても、実際のところお金を出して買ったものではなく、イベントのオマケで貰ったものですけれども。何しろ花緒がきつくて、それも特に片方だけ特にきつくて、履いて歩くなんて冗談じゃない。血が止まっちゃう。もう、家から出るとき指が入らない時点で嫌んなっちゃう。そのぐらいローにさせる魔法の草履。黒い台、臙脂の花緒のツヤツヤ仕立ての見た感じ悪くないのだけど…。
同じ会で同様に貰って帰った方によれば、一度履いて歩いたら、裏に小石がめり込んで穴があいたとのこと。しょーもない。私の長襦袢蒐集癖に対し、この方は草履集めに傾向があって(もの凄い着物も帯もお持ちですが)、織元が持ってくる草履を何とも一通り持っていらっしゃる。で、どこのメーカーのが一番でしたかと問うと、『お値段も一番だけれど、となみのが一番楽』というお答え。確かにフェラガモの靴より高い真綿の草履ですよ。

真綿。
綿、という字を使っているので、私を含め相当の人がコットンのことを思い浮かべるのではないのでしょうか。しかし、着物の世界で真綿といえば、紡いでいない絹のことを指します。そう、この動物性繊維は圧力をかけても元に戻り易いという性質を持っているので、この反発力を活かし、草履のクッション材に入れてあるのですが、となみの小物ブランド仙福屋の草履はこれでもかこれでもか!と叩き込んであるのです。150kgの圧力をかけて入れてあるとのことで、草履一足に人間の体重が仮に50kgとして、約三倍の加重がかかっても大丈夫、ということらしい。そういうことしないだろうけど、多少飛んだり跳ねたりしても平気よ、という売り込み文句です。そんな真綿を入れ込んでいる草履なので、否、真綿入れ込んでいる草履なので、お値段が張るのは仕方ないのですが、件の草履コレクターが色々な草履を履き較べて曰く、『仙福屋の草履だけは一日これを履いて東京を歩き回っても疲れない』だそうです。花緒もとなみの帯地を使い、礼装用に多いあの1cmにも満たないような細く硬い花緒ではなく、やがて2cmになろうかという太く厚みのある柔らかくて張りのある花緒です。
しかし、着物を着たら歩き回りたい私がそれでも仙福屋の草履に手を出せなかったのはお値段からだけでなく、となみの帯の色合いがシック過ぎて『グレー』とか『鼠色』とか『燻し銀』という色合いが多くて、どうしても足許が大人しくなり過ぎなような気がするので、ちょっと…と思っていたので。だって、周りはどうしてもおばさまおばあちゃま否否マダム達ばかりで、まだまだ駆け出しコマダムとしてはもっと若さを押し出すしかありません。というか、やっぱまだ『綺麗色』が好きなんだよねぇ。なにも今からくすんだ色に埋もれることもないっしょ。というか周囲が自発的にくすんでくれるのだから、ここで自分の取り柄を前へ前へ出さないでこの集団における唯一の取り柄をいつどこで活かすのですかという。
以前買ったカラス台はアタリで、こりゃぁいい♡と履いていたのですが、台がこうである以上どうしても少し夏っぽくて真冬、特に今年みたいなドカ雪の中カラスの台はちょっとイメージおかしいのでいずれ革の台の草履は買わねば…と思ってはいたのですが…。
それでハウスセールで、通常台ではないではないので少し品質が劣ったり、グレードの低いものなのでしょうが、いつものお値段の半分以下で、そんな色の条件も満たす草履を見つけたので…あ痛たたた、財布が。
10431.jpg10431s_01-1.jpg
割とすぐ届いたのでウハウハしていたのですが、3日にお教室に着て行って帰って来て『う。左下腹の皮の下が内側から押し出されるように痛い』。つまり、腹が張ってきたってこと?ちょいとちょいと、あと二週間後もう一度着て行けるの?ここを逃すともう着る機会無いよ?履く機会ないよ?本当は三月末にある落語会に着て行きたかったのだけどな。
一度は履かないと一年間お蔵入りだ!
タグ:着物
nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

nice! 2

コメント 1

miyukimono

なるほど~~!
私は今のところ一個しか草履を持ってないので、
まだ違いがわかりません~~@@
でも「歩きにくい」のは駄目ですよね!!
by miyukimono (2011-02-14 10:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。