So-net無料ブログ作成

久保田碧寿 [kitchen]


こんなものをいただきまして、普段なら四の五の言わず舅のところへやってしまうのですが、当のAが“碧寿”という言葉に渡し難かったらしく二週間程我が家の冷蔵庫で冷やされ、満を持して昨晩開栓に至ったのです。何せ貰ったものなので価値が分からない。久保田といえば久保田で通じる名のあるお酒。“寿”なんてついているからいいランクなんじゃないかしら?なんて。
私は鶴齢の方が好きなんだけど。
好奇心もあって、鰯の刺身なんか用意したりして。

結論から言うと、鰯には合いましたが、葱と合いません。フライドポテトと合いました。女川ハムのスネハムも好相性。矢張り居酒屋メニューみたいのと合うようです。
それと開栓後30分で酸化が顕著です。酸味が際立ってきます。2人で飲んで、ほぼ同時にお猪口を空けては同時に注いで、都度栓をしめているのに。


おいしいお酒であることは確か。50%もお米を削って作られたお酒なので、色はほぼ無色。少し日本酒日本酒した感じがします。淡麗というにはやや酒酒しい感じかな。
久しぶりに2人でだけど、一本空けた。ピッチ速く飲んだので(酸化が進むので)ちょっと回りましたが、楽しく飲めたお酒でした。

タグ:日本酒
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。