So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

桃のシロップ [kitchen]

桃。
びっくりするくらいいいお値段なだけあって、大概『いい香り』『無傷』『素敵なフォルム』『納得の大きさ』そして身はなめらかでとても甘く、汁気たっぷり。これを生で食べないのは愚かとしか言いようがない。
日本の果物のレベル、最高。農家さん、ありがとう。
でも、そんな桃だからがっかりすることが幾つか、ある。
①綺麗に剥けない。
  上出来な桃だから、皮は極々最小限に取り去って、種もさらりと外して、目一杯果肉を楽しみたい。
→一度水洗いして、細かい毛全てに水がしみたようになるまで軽く撫で回してやるとスッと剥けるようになる。
→形状に沿って包丁を一周入れて身を捻ると種が外れる。
…確かに、身に包丁を刺すことなく皮は剥ける。そしてこの方法で種が取れる。…桃のコンディションと合致していれば。けれど、桃はある一瞬を逃すとあっという間にこの方法が使えなくなる。触るだけで水浸状というか、明らかにそこの細胞潰れただろう、になってしまうし、包丁入れるとそれだけで汁が溢れてああ勿体無い。捻るなんてしたら、なんですか素手でジュースでも作るつもりだったんですかみたいになってしまう。そういう状態だと種は綺麗に外れなくて、なんてことしてしまったのだと罪悪感に苛まされる。
つまるところ、常にセーフティに、ロス極少に処理することが難しい果物ということなのだ。
その上悔しいことに、剥いて直ぐ食べないとどんどん茶色くなってしまうし(まあ、酸味のあるシロップ にくぐらせたらいいとか策はあるのだけれど。でも何もしないで食べたいでないですか)、最も香りのする部分は実は皮だし、種周りが最も色が濃くて美しいのに、そこが提供できない(甘くなくて美味しくはないのですが)…。

とてもいい桃をいただいたので勿論美味しく食べたのだけど、以上を踏まえて桃を鍋の上で剥く。鍋の中には少しだけクエン酸を溶かした水を張ってある。汁も皮も種も全部そこに落として身だけうまうま。食べている間に鍋に火を入れる。中火で、鍋には蓋。取り敢えず20分煮て皿やフォークを片付けていると、煮汁は可愛いピンク、種から残った身も結構剥がれている。もう少し煮る。煮汁が半分くらいになっても桃の香りが消えない!笊で粗濾しして(皮を完全に煮溶かしてもいい)粗熱を取ると、少しとろみがついている。味見してみると、ほんのり否充分甘い。砂糖入れてないのに。どんだけ糖度あったんだ。このいい桃。これは瓶に詰めてこのまま保管。水や炭酸水で濃いめに割る。
ゴチでした。

味をしめ、旦那の実家が桃くれないかしらとか期待するも、時期が早くて音沙汰無し。痺れを切らし、直売所で四つ500円の夏っ娘という桃を買う。お安いのはつまりB品で無選別だから。絶対に押すなと強烈に売り場で注意していただけあってそういう傷みは無かったけれど、熟の進みはバラバラだし、少し小さいし、皮は赤過ぎ、品種なのかそういうものだから弾かれたのか筋っぽい。食べると気になる程ではないのだけれど。しかし兎に角甘い。若くても甘い。これの正規品だったら如何許りだろう…と思いつつ、同じように鍋の上で剥く。同じように煮る。んん?煮汁…真っピンク⁈というか、どピンク。季やソルダムを煮るように段々と赤黒くなるようなのではなく、煮ても煮ても煮詰めても、只管ピンクという感じ。結構煮たけど皮が煮溶けない。味見してみると、クエン酸が際立って、甘くなくて酸っぱい。香りもちと弱い。ああ、この品種は身の部分に色以外の全てのいいところが集まっていて、剥いて捨てても何ら惜しくないという素敵な品種なんだな、そう思いながら汁を濾して今度は砂糖を溶かしシロップ にした。綺麗で濃いピンク。見栄えはする。つか、冷蔵庫で兎に角目立つ。旦那の実家が香り高い桃をいずれくれるだろうから、そしたらシロップ 作って香りを取り、色はこのシロップ 足して、しれっと提出しようっと。へへっ、再現性低いよね。いひひ。

nice!(0)  コメント(0) 

帽子、謎なアイテム [handicraft]

Zも小学二年になり、Mも幼稚園最後の年になりました。近年温暖化の影響からか子供に水と帽子は必須アイテムとなり、子供達に習慣づけようと物心つく前から兎に角被せて被せて、水筒持たせて持たせて。そうしたら有難いことに(幼稚園に制帽があったこともいい方向に影響したのかもしれません)子供達は玄関から出るには必ず帽子!少し遠出するなら水筒!と寧ろ要求してくる程に。ずぼら母やってる私の数少ない成功例です。
上手く端切れを見つけて、チューリップハットを二度程作り、これが軽くてよく汗を吸うのが気持ちいいのか、将又白っぽい布で作ったが故に被っていると涼しいのか、子供達は進んで被るので、出先でおそろいの帽子の姉妹を見て可愛いねと思ってくださる人も多いからかも。

∴子供は褒められるのが大好きです。

冬には切売り(で、投売り)のボア(最近はファー生地っていうのか)を縫い縫いしてハート形のポシェットとお揃いのケモ耳帽子を作ったところ、温いのもあってご機嫌で被ってポシェットも大活躍。しかし、今年は気温上昇が駆け足。もうそのホワホワした物体は自分はよくても見た目が暑苦しい。たが子供は色とケモ耳が気に入っている。被りたい!駄目!もうチューリップハットの季節だ!と切り替えさせたものの、もう暑い。二週間前にダイヤモンドプリンセス(豪華客船)を東港へ見に行ったときはどっちつかずのひんやりだったけれど、この前の日曜日に高田駐屯地の展示(ドンパチあり)を見に行ったらなんとなく暑い。どうしよう。
さて、真夏になるとチューリップハットも涼しいには涼しいけれど、布なのでどうしても貼りつく感じが(形状的にもすっぽりで蒸れやすい)やはり辛い訳で、こういう時期はブリムが水平近くまで開いている麦わら帽子が気持ちいいらしい。まだベビーカーの頃から真夏はこれね!と麦わら帽子を被せていたら子供は恩恵が身に染みているのか、日差しが強くなるにつれ麦わら帽子を選ぶ癖がついた…のはいいのだけれども。

もうその帽子、あなた達の頭には入りません!

伊勢丹の幼児服売場に夏前になると必ずオリジナルの帽子が売り出されて、それがもうそんじょそこらで売ってるものと比べ物にならないくらい可愛いったら。特別な形という訳ではないのだけれど、頭は兎に角丸く作ってあって、ブリムの端に白いトーションレースが縫いつけられていて、飾りのリボンはトラディショナルなチェックで蝶結びの端がブリムから可愛く垂れる長さで結び目に白蝶貝の花形ボタン。お値段二千円前後で麦わら帽子としてはお高めだけど持ちの良さと可愛らしさでコスパも最高!…だったのだけれど、なにせ旦那Aの頭囲のデカさをがっちり継いだ二人の娘は両方共可哀想に頭蓋骨がデカイ…(脳味噌多くない感じなのに)。どちらも揃って今年麦わら帽子が入らない!これはもう、買い直すしかない。

で、
①伊勢丹でまた同じラインのサイズのデカイのを買う
  →樋口一葉が消えるのは辛い。スポンサーを連れて行くとごちゃごちゃ言い始めて気持ちよく買ってこれない。
②適当な麦わら帽子を見つけてカスタマイズする
  →麦わら帽子ってぎりぎりにならないと店頭に出てこない。カスタマイズする時間がきつい。
③いっそ作るか。
→麦わらなんてどこで手に入るんだ。

米王国新潟なので稲わらならそこらにあるにはあるけど、麦にせよ稲にせよ、帽子にするにはある程度の加工が必要な訳で、そういう加工をしてるものを探すと結局伊勢丹価格になり、どうしてもクオリティが下がってしまう。
ここはひとつ方針転換してエコアンダリヤで編むか?

実はアンダリヤ系の素材は避けていた素材のひとつで、正直あのリボン状の糸を編むのがとても苦手。あれを潰したり捻ったりしないように針にかけていくのが多分正解なのだろうけど、そうするといつまで経っても編み進まないし、ひとつ妥協すると後々どうしてもそこだけ気になったり妥協に妥協を重ねてしまってみんな目が潰れたまま編み進めてしまったり…楽しんで編んでいる筈なのにストレスって是如何に。でもまあ新しい挑戦もアリかな、とそれ系統の本を探してみる。エコアンダリヤの色数が増えているのもあって可愛いパターンも少なくない。でも質感がなんていうかね…と実際売場へ行ってみると、GIMAなる糸が売っておりました。エコアンダリヤはビスコースレーヨンで水に弱いのだけれどGIMAは綿70%麻(リネン)30%の一応天然素材。色数もそこそこある。ダルマレースの横田の品物。ひと玉数百円と安くはないけれど、面白そうと思い取り敢えず買って帰る。図書館でアンダリヤの本を借りて取り敢えず編んでみる。ゲージが違うので(以下略)。取り敢えず編んでみて思ったこと。
硬い。
細編みで編むと、足、というか頭をすくった残りの部分が間延びしたようにスカスカになってしまう。私の編み方が下手糞なのか針の太さが合ってないのか、なんて風通しが良さそうなの?そして細編みの致命傷、糸の消費が激しい。糸がどんどん使われてしまう、それはコストもそうだけど、出来上がりが重く嵩張るということでもある。これはよろしくない。なにより結局リボンヤーンなので前述のストレスをどうしても免れない。針先で突いて糸を裂いてしまって我に帰る。
これはアカン。
いろんな意味でアカン。
安くて軽くて気持ちいい仕上がりにならない!
というわけで改めて今年被れなくなってしまった麦わら帽子を見直してみる。平たく打った麦わらを天辺から織って…なんだろう、この組織。織り、というより組み。立体を造形する為に途中から足されているとはいえ、これは組み物…だなあ。ここまで編む間になんとかならないかとあれこれ検索して麦わら帽子そのものの作り方というのはどうやっても出てこなかったのだけれども、『帽子  組む』で検索をかけたらば、ひとつだけヒットした。
ああー、麦わらの謎な流れってこういうこと(まんまそれではないが)かー、こういう理論かー、とやっと納得した。

取り敢えず編みかけはあっちに押しやって、新しい玉を出してきて取り敢えず織ってみる。帽子の型は無いけれど、子供の頭と似たサイズのおもちゃのボールならある。これで室内遊びをさせるとしっちゃかめっちゃかになるのでお取り上げとしても一石二鳥だ!兎に角天辺だけ織ってみて丸く仕上げるについてはお 追い追い考えていくことにする。うわ、見切り発進怖い。でも今やらねば間に合わない。今日の最高気温は昨日より5℃プラスらしい。ヤバい。ゴールデンウィークも迫ってる。愚図愚図してたら大変なことになる!というわけで、今こんな状態。
DEA6D19E-CAC0-48AD-8056-D537E80425F3.jpeg
チャコペンで真ん中の印をつけといたけど、考えてみたら二つに振り分けるなら偶数にしなくちゃ駄目だ。紙素材で作っていた人は湿らせながらだったから、マークを消すのも兼ねて一度湿らせて続けてみようかな。
GIMAは玉のままだと縒れて癖づいた部分もあって、そのままでは難がある。一度濡らしたら凄く柔らかくなり、乾いたら元通りだった。流石は綿麻。乾くのも早い。ボールに沿わせるという意味でも湿らせるのはいい案かもしれない。

nice!(0)  コメント(0) 

そういう傾向? [pleasure]

QUEENをヘビロテで聞いて、間にACE OF BASEやらEarth,Wind & Fireを聞いていたらYouTubeのAIにこういうユーザだと認定されたっぽい。

・一世を風靡するようなパンチ力がある
・グループ
・コーラス、或いはハモリ
・ジャンルは問わないようだが踊れる感じに寄っている
・’80〜’90ヒット

うん。まぁ間違っちゃ無い。
だがYouTubeのAIはもうひとつ分析を進めていた。

・解散、或いは現在活動していない、過去の状態ではない
・メンバーが一人病んでいる、或いは病で死亡
・死亡原因がAIDS
・フロントマンは髭でちょっと濃ゆい
・よく動くヤツはバレエを習得

えぇ?なんか酷くない?確かにQUEENはどれにも当てはまるよ?
でもそれでリコメンドしてきたのが…。

Dschinghis Khan

憶えてます?
これですよ。

ルイ、濃ゆい〜。レスリーがさらに輪を掛けて濃ゆい〜。

こいつがドイツでヒットした頃は私はまだ未就学で、日本でヒットし始めた頃…多分小学校の若い先生方は注目していたんだろうなぁ、運動会とかでどうにか使ってやろう的なのが強かったなぁ。今ビデオクリップ見るとわかるような気がする。Wikipediaにも『時にはコメディタッチにも見えながらもテクニカルなダンス』なんてあって、なんとかすればなんとかなっちゃうんじゃね?的な唆るものがあったと思われる。子供心にその『コメディタッチ』なるものが嫌で、何故笑いを取りに行くような真似をせねばならぬのかと憤りを覚えたものである。子供ちゃんは何しても可愛くて面白くて今ならそれアリじゃん?と思うけど、主役の座にいるときには解らないものだ。

当時何で何度も聞かされたのにどうやっても歌詞が残っていかないのだろうと不思議に思ったのだが、いま聞くとすぐに分かる。英語じゃない、ドイツ語だからだ。小学生の頃は父の好みでカーペンターズとかビートルズとか耳にする機会が多くて、英語ならなんとなく発音も含めて対処できたのだけれど、流石にドイツ語は無知だったのだから仕方ない。それでも二十代で第九でドイツ語歌詞に耳と口が慣れたのは幸いだったかもしれない。歌詞見て、発音記号出してくれていれば何となく口にできる。だがちょっと速い。いや、速すぎる。よくルイはドイツ語できないのにこれをステージで歌ったな。



ハッチ大作戦。
これは子供の頃聞いていなかったけれど、目指せモスクワやジンギスカンよりコーラスのバランスがいいからか、今頃ハマった。モスクワやジンギスカンは低音はスティーヴ一人で、ヴォルフガングとレスリーが低く歌って補っていたので低音の厚みが無かったのだが、ハッチ大作戦ではスティーヴより更に声の低いルイが歌っている。あれだけ踊りながらよく歌ったな。ん?口パク?口パクに生歌のせた?そんなの別にどうだっていいんですって。会場をこれだけノセてるのは技術で才能でしょ。
ルイはバレエをやっていただけあって腰の入り方や要所要所の休止やずっとリズムに乗っていられるのとか動きと顔の向きを外さないのは流石だと思う。フォーメーションの前でちょっとキョロキョロしちゃうのは他の男性三人が上手くなくてぶつからないように気になっちゃたんじゃないかなぁ。リハで相当コケたのか。衣装にマイクが絡まっちゃうのはご愛嬌。声がいいので許せちゃう。
ロッキング・サン・オブ・ジンギスカンを聞くと分かるんだけど、あの顔でレスリーは滅茶苦茶声が高い。

老け顔だけど(髭の所為?)いっちゃん若いほうだった筈だし、背丈が低いから声も高くなるよね、確かに。しかし全員あれだけ踵のある靴であれだけ踊るよなぁ…特にやっぱりルイ。衣装も華美で頭も重そう。だけど物凄く軽やかでノリノリ。個人的にはジンギスカンの衣装よりカラ・ベン・ネムジのアラビアンな衣装の方が好きだな。どちらにしても痛い感じではあるけど、カラ・ベン・ネムジはカール・マイの物語に沿っているのだから(でもハッチ役のレスリーの頭はあれターバンって言っていいのか?イスラム原理主義者に刺されたりしない?)、うん。
カール・マイ冒険物語、読んでみたくて図書館を検索してみたら新潟市立図書館の蔵書には無くて、県立図書館にあった!と思いきや、何故か四巻と十四巻しか無い。つかなんで飛んでるの、何で中途半端なの。はぁーっ、こりゃ買うしかないか。



Dschinghis Khanが音楽プロデューサは兎も角何故経済学者の手により結成させられたのかはドイツ語ページが読めないので今は不明だけれど、何故YouTubeが推してきたのか…冒頭の邪推通りなのか、単純に音楽の傾向として感性を読んできたのか。いずれにしてもルイの亡くなり方はフレディ・マーキュリーのそれと違ってとても寂しい感じがして、残っている映像がコミカル路線なだけにとても遣る瀬無い。多分一番歌の上手かったレスリーが議員になるとかならないとか(結局どうなったのさ)、舞台の中央を占めていた二人の人生が全く違うことも含め、それをQUEENと一緒くたとか関連づけたとかやめてよ、と思ったりもする。
残念なのは何より、それを詰る相手がいないということだ。くそう出てこいYouTubeのAI!
nice!(1)  コメント(0) 
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。